竹内行政書士事務所|大切な人へ。遺言という最後の手紙を届けるお手伝いをします。

竹内行政書士事務所|大切な人へ。遺言という最後の手紙を届けるお手伝いをします。
img 遺言について 季節のコラム 事務所概要 お問い合わせ BLOG img
竹内行政書士事務所
 
遺言とは 遺言を残す意味 遺言専門の理由 遺言物語 料金表 □
遺言について

遺言書とは

遺言書はあなたが亡くなった後にあなたの想いを実現する法律文書です。遺産の残し方を自分で決めておきたい方が多く利用します。

 遺言書の内容が実現されるときは遺言書を残した方が亡くなったときです。ですから遺言書を読んだ人が「これは本当に亡くなった方が書いたものなのかな?」とか「これはどういう意味なのかな?」などと困らないように厳格に法律(民法)で残し方が決められています。法律に反する書き方・残し方をした場合は無効となり想いは実現できません。そればかりでなく、遺言書の有効・無効を身内同士で争うこともあります。

 遺言書の種類は法律では7種類定められていますが、通常次にご紹介する自筆証書遺言または公正証書遺言のいずれかが利用されています。


自筆証書遺言


 自分で書く遺言書です。本文を自書(自分で書くこと)しなければなりません。したがって他人は一切手を加えてはいけません。当然、ワープロやパソコンで本文を作成して署名だけ自書することも許されません。全文を自書するほかに、日付、署名も自書して印を押すことも条件です。

 自筆証書遺言は紙とペンがあれば作成できるので費用もかからず残せることが魅力です。しかしせっかく残した遺言書をなくしてしまったり、遺言書を見つけた人が隠したり破り捨てたり、勝手に手を加えたりする危険性があります。

 なお、遺言書を残した方が亡くなった後、遺言書を保管していた人や見つけた人は「検認(けんにん)」という手続きを家庭裁判所で行わなければなりません。また、財産をもらう方が預金の解約や名義変更の手続きをしようとすると金融機関から様々な書類の作成や提出を求められるなど面倒な要求を突きつけられて思うように遺産の引継ぎが進まないことがよく起きます。


 自筆証書遺言は、これから気持ちが変わるかもしれないけれど、とりあえず今の気持ちを残しておきたいという方にお勧めです。自筆遺書遺言は、次にご紹介する公正証書遺言への前段階とお考えになるのがよろしいと思います。


当事務所では、自筆証書遺言を残したい方のために「ぼちぼちコース」をご用意いたしております。是非ご利用ください。

・公正証書遺言


 公正証書遺言は公証役場で証人2名の立会いのもとに、遺言書を作る方が公証人に対して遺言の内容を話します。そしてその内容を公証人が文書にして遺言書を残す方に確認します。確認が取れたら遺言書を残す方、公証人、証人2名の合計4名が署名・押印します。この文書は公証役場で半永久的に保管されます。なお、公証役場に遺言の内容と遺産の額に応じて手数料を支払います。

 このように手間と費用がかかりますが、その分厳格な条件のもとに作られるので信頼性が高い文書となります。そのため、遺言書を残した方が亡くなった後に自筆証書遺言で必要だった家庭裁判所への検認手続をすることなく遺産の手続きを直ちに進めることができます。また、預金の解約や名義変更も自筆証書遺言と比べてとても簡単にできます。


 このように公正証書遺言は遺言を残された方が亡くなった後の財産の手続がスムーズに行なうことができることが一番の魅力です。
そのため遺産を引き継ぐ方の負担が自筆証書遺言と比べて格段に軽くすみます。
財産を託す方のことを思うなら公正証書遺言が断然お勧めです。


当事務所では、公正証書遺言を残したい方のために「いますぐコース」をご用意いたしております。是非ご利用ください。


Page top
img

HOME | 遺言について | 季節のコラム | 事務所概要 | お問い合わせ | BLOG | 書籍のご紹介

Copyright (C) 竹内行政書士事務所. All Rights Reserved.